私たちは、「感性を育む社会を共創する」をミッションに掲げ、私たちの行動指針(バリュー)を以下のように掲げています。

[目的の共有] 感性を育む社会を共創するパートナー

  • 私たちは、「感性が育まれる社会の実現」に向けて共創することを目的に事業をしてます。
    感性の低下が多様性の低下を生み、社会課題を生み出している原因の一つになっていると考えています。一方で、感性の大切さや問題を訴えかけるだけでも、社会は変わりません。
    感性を尊重する社会や職場、家庭や個人の和が広まれば、そこに生まれる制度や仕組み、人と人の関係が変わり、多様性が生まれます。
    私たちは、感性の大切さを心から共感していただける方と共に事業を行いたいと思います。
    こうした感性に関わる事業や、感性が育まれるような社会をつくる事業、多様性などによってより良い環境が生まれる事業、関わる商品やサービスなどに携わる起業家や事業家などを応援していきます。

    • 感性の育まれる教育、サービス、商品
    • ダイバーシティが推進されるサービス

[共創の手段] ビジネスを支援し、社会を変える

  • 社会課題を解決する取り組みは様々ですが、運動や活動といったボランティアや非営利をベースとした活動ではなく、ビジネス/事業を通じた支援を行っています。
    もちろん、運動や活動といったことは機運の醸成など社会的に意義があることですが、私たちは経済活動と仕組みを用いて解決していきます。
    私たちがこの地球上で存在できる時間には限りがあります。日々を営み、生きていくための様々な活動と共に存在しています。時間も金銭も有限ですから、やはり期限を決めて一定の成果に向けて取り組んでいくことは必要です。
    そうした一定の社会インパクトを目指すには、ビジネスを通じた取り組みが不可欠であると考えています。

    • 組織形態は問いませんが、株式会社のような戦略的な経営を意識しているビジネスを支援します。

[意志の選択] チェンジメーカー/イノベーターを支援

  • 起業といっても言葉の定義は広く、副業もあれば個人事業主からベンチャーまで様々です。
    もちろん、雇われない生き方をすることや、地域や社会のためにソーシャルセクターの分野で起業される方も応援しています。しかし私たちが特に支援する対象は、社会課題を変えていくことを意識し市場を大きく変えること挑戦するチェンジメーカーです。
    見える範囲の社会課題を解決していくことも大切ですが、根本を変えようとチャレンジしていく人の支援も必要です。またそのようなチェンジメーカーの支援ができる人や環境も少ないことでイノベーションが生まれにくい現状を変えたいと思い、私たちでなければできないことにフォーカスしていきたいと考えています。

    • 社会課題をビジネスで解決していきたいという志の高い起業家を支援します。
      私たちは、フリーランス、個人事業主、副業、コミュニティービジネスで展開するビジネスについてはあまり得意ではありません。また、ソーシャルセクター(医療、福祉、介護、ボランティアなど)などの課題解決型非営利事業もあまり専門でもありません。(SDGsなどの事業としては支援しております)

[エシカル基準] 倫理的な判断と姿勢

  • 起業とは人生の判断であり、事業とは社会の営みです。自治体や行政の委託事業は税金であり、組織は個人の所有物ではありません。
    こうした倫理的な判断を私たちは常にしていく姿勢を持っています。
    たとえば、私たちは起業/事業支援を多数行っていますが、支援という立場を利用したり、起業家の立場でない判断をすることをしません。具体的には「起業のタイミング」でない方に、無理矢理に起業を進めることはありませんし、専門性を掲げて必要のない商品を買わせるようなこともしません。どんな受託・委託事業でたとえKPIがあったとしても、私たちは起業家側の立場で判断します。
    また、経営の支援も事業のフェーズによって我々がアンマッチな場合もありますし、起業家との相性もあり、また変化します。私たちは常に、起業家にとって最良の選択をとることを心がけています。

    • 多数の起業を自ら実践してきた代表が支援する起業家支援プログラムです。起業家と社会における事業という点から、全力で支援していきます。
    • 役員の就任や退任、出資やその解消などは、それぞれのタイミングに必要なことであると考えています。名ばかりの役員や、支配を目的とした株式の保有は原則行っておりません。

[支援の立ち位置] 主役は起業家

  • 起業家の支援数はとても多く、活躍している人もとても多くいますが、それは起業家の努力によって成し得たものです。
    支援者とは、起業家をエンパワーメントすることが使命です。我々はその一部として存在し、一つのきっかけを支えたに過ぎません。従って、起業家の実績をすり替えることはあってはいけませんし、起業家にそれを背負わせることもあってはならないと考えています。
    我々も多くの人に支えられています。多くの素晴らしい人に支えていただいているどの方も謙虚であり、支援に対しての姿勢を尊敬する方々ばかりです。
    もちろん起業家の事業を加速することに対しては努力を惜しみませんが、起業家より前に出ていくことはあってはならないと考えています。
    また、

[関係性] ダイバーシティ(多様性)

  • 社会は多様性によって支えられています。多様性は本来あるべき姿であり、全ての存在がお互いに影響しあいバランスをとっています。
    しかし現代は地球環境はもちろん、人間社会でもそのバランスが崩れ、多様性が失われつつあります。例えば性別でさえ偏重傾向が顕著で、性別役割分業や性差別も未だに残っています。あらゆる違いは多かれ少なかれ存在し、違いがあるからこそお互いの役割があり補完できるのです。
    私たちは、多様性の低下は、感性の低下がその一因であると考えています。自らと異なることを受け入れるためには自らの中に多様性が必要であり、その自らの中にある多様性を、感性や美学/哲学などの自己基準で柔軟に判断していくことが必要です。
    私たちは、多様性の高い社会の創造に向け、自らの多様性を高めていけるよう努力します。

イノベーション創出支援、人材開発、講演・執筆等、お気軽にお問い合わせください。