社会に求められる企業として、ビジネスと社会課題の両立を目指すための起業支援、起業後の支援などを行います。

ビジネスモデル、ビジョン/ミッション/バリュー/経営戦略の策定、マーケティングなどの観点を学ぶ起業塾を開催し、継続してメンタリングなどで継続支援をしてゆきます。

ソーシャルの課題解決に、ビジネスのチカラを

ソーシャルビジネスの多くは、緊急かつ見えている課題を解決することが優先される傾向にあり、活動の持続性や経済性を犠牲にせざるをえない現状があります。

しかしどんな活動やビジネスにおいても持続性は重要であり、特にソーシャルセクターにおいては受益者にとって大きな存在(選択肢がなく、唯一であることも多い)であるため、持続性は特に重要です。

しかしながらソーシャルビジネスの分野では、「NPO」や「非営利」という言葉で「利益を生む」ことへの誤解や抵抗があります。

このことが、事業に携わる人や経営者にとって足かせとなり、収益を上げらず経営を苦しめる原因となっていることも多くありますす。
一時的な支援とわかっていながらも助成金、補助金、寄付などに頼ってしまい、自走する方法が見つからないためにアテにしてしまいがちです。

また、自走化するアイデアも広告協賛や会員収益に頼るものが多く、また「非課税」に囚われて事業拡大をためらっている声をよく耳にします。

ソーシャルビジネスにおける第一歩は、それを提供する起業家の意識や経営者の視点を変えることです。ソーシャルを提供する組織が持続可能でなければ、社会課題解決も持続可能にはならないのです。

私たちはそうしたソーシャルセクターの方に、ビジネス的な視点を取り入れて、事業を通じて課題を解決する支援を行っています。

 

ビジネス・イノベーションに、ソーシャルのチカラを

ビジネスの分野で事業を成長させる視点は、あらゆる理論やデータを用いて、すでに顕在化しているニーズ(ウォンツ)に対して提供するソリューション提案がベースになっています。

これまでのビジネスに多くは、そうした方程式のあるビジネス(ビジネスモデルが確立している)ものを適応することが多く、日本企業はそうした環境で成長してきました。

しかしながら、社会や技術が大変革する中では、そうしたすでに顕在化しているマーケットはレッドオーシャン(競合が多くいる市場)であるため、ビジネスとしての展開も難しい状況にあります。

一方ソーシャルの分野では、社会課題解決という解決の方法が見つかっていない分野で、時間も長くかかり、ビジネスモデル(収益モデル)としても確立できていないため、大量の税金が投下されています。

こうした方程式の存在していない市場は、非合理で非連続であり、まさにイノベーションが生まれるチャンスがたくさんあります。

社会課題解決において、ビジネスにおける「ソリューション」という考え方は向いておらず、本質的な課題を解決するための「イノベーション」を必要とします。企業においてこうした市場に取り組むことは、自社の人材育成やマーケット開発にいて新しい視点が生まれ、価値創造によって課題が解決されていくための機会となります。

これからの時代は、ビジネス分野の企業が次々とソーシャルと手を組んで展開する時代です。
ビジネス/ベンチャーにはソーシャルから学ぶことがあり、ソーシャルにはビジネスから学ぶことがそれぞれにあります。
それぞれの得意な点を活かし、共創する時代です。

私たちは、企業の技術やこれまでのノウハウや環境的な資産をソーシャルセクターと連携し、企業のビジネスイノベーションが加速できると考えています。

「ベンチャーとソーシャルの双方のビジネスを多数経営してきた事業開発の専門家」である私たちだからできることがあります。

ソーシャル・ベンチャー 起業家支援事業

社会課題を解決と、ビジネスとしての経済性の両面を兼ね添えた「ソーシャル・ベンチャー」

一見、相反するようなこの両面を合わせて事業を行う活動が増えています。

しかしこの相反する両面を解決することはとても難しいのが現状です。

私たちは、起業家の発掘、起業家の事業ブラッシュアップ、メンタリング/チュータリング、ビジネスコンテスト/ビジネスプランなどを通じて、ソーシャル分野で事業を展開したい起業家を支援いたします。

活動実績

NPO法人コモンビート

ダイバーシティ&インクルージョン(多様な価値観を認め合える社会)を目的とした、ミュージカルで社会教育を行う特定非営利活動法人。
15年で5000人が参加、18万人を動員し、全国および海外で教育プログラムおよび興業を実施。ソーシャルやビジネス分野で活躍する人材が多数生まれ、全国で活躍している。

助成金などの公的な支援を受けず、無借金経営で年間1億円を超える事業規模に成長。
代表者の中島が2004年に創設し代表者/CEOとして10年の経営の後、経営の若返りを図り事業継承。
現在は、事業戦略、財務面で支援を続ける。

https://commonbeat.org/

株式会社HASUNA/株式会社Re.ing

ダイヤモンドやゴールドなど、ジュエリーを構成する素材の透明性を担保した日本初の「エシカル・ジュエリー」を展開。
エシカルの先駆けブランドとして社会課題を解決しながらも、ジュエリーブランドとしてのブランドと事業性を追求し、ものづくり産業への新しい価値観を提唱する。代表者の中島が創業から参画。現取締役CFO。

https://hasuna.com/

子会社の株式会社Re.ingでは、誰もがパートナーシップを自由に表明することができ、そのすべてが祝福される世界をつくることをゴールとし、現在は指輪を通じたプロジェクトを展開。現取締役CFO。

https://reing.me/

人材育成企業、福祉事業、教育関連事業、地域起業家支援など

人材育成企業、メンタルヘルス事業、福祉事業、教育事業、キャリア教育等の事業を行う企業の役員を歴任し、多くの起業家のメンターとして支援。

社会課題に取り組む起業家を発掘/支援する多数の組織において、支援活動を実施中。

 

 

 

イノベーション創出支援、人材開発、講演・執筆等、お気軽にお問い合わせください。